日本古来の手道具、鉋・鑿・手ノコなどを使い、
仕口と言われる木を組み合わせる組み手を使って、身の周りの家具・木の道具が作れるようになりたい。
そんな方が、木工の基本をゼロから学べる木工教室”木工寺子屋 削(ZAKU)”
手道具の仕込み・使い方から、刃物の砥ぎ・冶具製作・箱物製作までの、週一基礎コースです。
水・木・金・土・日曜コース開催

すぐに椅子が作れるとかテーブルが作れるような教室ではありません
じっくり道具の使い方を練習して、技術を身に付けたい方のための教室です

やる気のある方はお問い合わせください
尚、作業中は電話に出ることが出来ない場合がありますので、
メール・FAXでのお問い合わせをお願いします。

Mail info@mokko-ap.com
FAX 045−963−0206
横浜市青葉区寺家337
木工寺子屋 削(ZAKU)
刃物の砥ぎ、道具の仕込みから始まり、
使い方の基本、課題製作までやって頂きます。

講義は週一回、
10時から18時位
基礎コースの目安は
6ヶ月〜12ヶ月程度。
(ご自分のペースで納得の行くまでやっていただけます)
ただ、週一回の講義だけでは、
技術の習得は長い道のりです。
ご自宅での復習は必須?!になります。

費用は、
   初期費用として
     材料費、1万円(入塾時のみ)
   月謝15000円(月4回)
   (入塾時、2か月分前納していただきます)
   尚、自己都合退塾の場合、
   納入済の受講料はお返しできません。

やはりご自分の道具を持たなくては出来ないことですので、
はじめに、道具をそろえていただきます。→
道具について
(こちらで揃えることも出来ます)

工房は、寺家ふるさと村にあり、環境は抜群。
工房見学・鉋削り体験(無料)も出来ます。
その際、事前にご連絡をいただければ幸いです。
課題制作が終わった卒業生の作品 → 寺家木工舎